珪藻土(けいそうど)って何でしたっけ?

ご来店のお客様に先日ご質問いただきました。

一言で言えば、植物プランクトン(藻類)の化石です。
電子顕微鏡で見てみると、微細な穴がたくさんあいています。


「珪藻土電子顕微鏡写真」


けいそう土を壁にを塗ると、この「無数の穴」が大活躍してくれます。

まず、ここに空気を取り込むことで、断熱効果が上がります。また空気を吸ったり吐いたりしながら不純物を吸着してくれるので、消臭など室内の清浄をすることが出来ます。

更には空気を吸放出する過程で、湿度が上昇すると空気中の水分を取り込み、乾燥すると水分を放出してくれるので、お部屋の湿度が適度に保たれます。ということは、結露防止になるし、お肌にもやさしいお部屋になるんです。

また、もともと自然の土が原料ですので、火にも強いし風合いもいいんです。

「おうちカフェ*ZilchCreate」では、窓のある2面に四国化成工業さんの「けいそうモダンコート」を左官コテ仕上げで塗っています。



是非、お手を触れていただいて風合いをお確かめ下さい。


「けいそう土」は、塗り壁以外にも様々な用途があります。
耐火性があって軽量なので七輪に使われていますし、不純物を吸着することから、ビールの濾過材にも使われていたり。などなど、とても身近な素材でございます。

小原商店ホームページでも「けいそう土壁」のご紹介をしていますので、コチラもご覧下さい。
http://www.m-obara.net/works/keiso.html


Posted by (け)